シベリア旅行記(2017年7月)

7月27日(木)  19:10 成田空港 発 
 アンガラ航空908便(機材:アントノフ148 チャーター便) → ハバロフスクで給油 → 
24:00 ウラン・ウデ 着
【ウラン・ウデ泊 ブリャーチア・ホテル】
7月28日(金)   ウラン・ウデ 朝の散歩
午前:ブリヤート共和国の首都ウラン・ウデ郊外
 イヴォルギンスキー・ダツァン(ロシアのチベット仏教の総本山)
 古儀式派セメイスキエの民家で昼食、歌と踊り   タルパガタイ村の教会と博物館

午後:ウラン・ウデ市内(ソビエト広場、オペラ・バレエ劇場)
夜:夕食はブリヤート料理ブーズ(肉まん) 
【ウラン・ウデ泊 ブリャーチア・ホテル】
7月29日(土)  ウラン・ウデ(8:15発)→(シベリア鉄道)→イルクーツク(16:40頃着) 
  シベリア鉄道で ウラン・ウデ から イルクーツク へ

夕刻:イルクーツク駅到着後、ホテルへ
夜:夕食はペリメニ 
 イルクーツク 夜の散歩(レーニン像、アレクサンドル3世像など)
【イルクーツク泊 アンガラ・ホテル】
7月30日(日)   イルクーツク 朝の散歩(永遠の炎、イルクーツク創立350年像、モスクワ門など)

 バイカル湖畔:リストビヤンカ村(シャーマンの岩、日本人墓地) 
 
 バイカル湖博物館 バイカル湖クルーズ バイカル湖展望台

 イルクーツク市内(カザンスキー教会 デカブリストの家)

夜:夕食は民族舞踊のディナーショー
【イルクーツク泊 アンガラ・ホテル】
7月31日(月)  8:10  イルクーツク空港 発 アンガラ航空905便(機材:アントノフ148 チャーター便)
16:00 成田空港 着 
飛行機:ロシア製(旧ソ連製)の航空機に乗るのは久しぶりでした。
今回利用することになったのは、アンガラ航空のチャーター便です。
機材は、アントノフ148
75人乗りの小型ジェット機です。左側2人、右側3人の座席で、5×15列です。
成田からウラン・ウデまで一気に飛べません。給油のため、ハバロフスクに立ち寄ります。
それでも、成田からウランウデまで7時間足らずでバイカル湖近くのウランウデに到着します。
ロシア製(旧ソ連製)の飛行機に乗るのは、これで3度目となります。
これまでに乗ったことがあるのは、
エジプト旅行でのルクソール〜カイロ間のツポレフ204(2001年8月)
ウズベキスタン旅行でのブハラ〜タシケント間のヤコブレフ40(2002年10月)です。

時差:イルクーツク時間は日本よりも1時間遅れ。ちなみに、ロシアには11個の時間帯があり、国内に10時間の時差があります。例えば、モスクワ時間は日本よりも6時間遅れています。

気候:私たちの滞在時の最高気温は30度程度、最低気温15度程度。バイカル湖周辺は7月は一番雨の多い季節。しかし、それでも月間降水量は日本よりも少ない。

通貨:ルーブル (1ルーブル ≒ 2円)

言語:当然、ロシア語。一般の人には英語はほとんど通じない。ホテル等では英語も通じる。

地理:ウラン・ウデもイルクーツクも北緯52度付近で、緯度的には樺太(サハリン)北部にあたる。ヨーロッパでいえば、ドイのベルリンやポーランドのワルシャワあたりに位置する。

ウラン・ウデ 名前からしてロシアっぽいものではありません。日本人とよく似た顔のモンゴル系のブリャート人が多く住んでいいるいる地域にあり、ロシア連邦内にあるブリャート共和国の首都。ブリャート人は宗教もロシア正教ではなく、チベット仏教を信仰している人々も多い。

イルクーツク 1661年、コサックによって開かれた町。バイカル湖から唯一流れ出る川であるアンガラ川沿いにある。デカブリストたちの流刑地ともなった。「シベリアのパリ」の異名も。江戸時代の漂流民、大黒屋光太夫も立ち寄っている。第二次世界大戦でのシベリア抑留者の日本人墓地も訪れた。

宗教:ロシア正教 ロシア正教古儀式派 チベット仏教。・・・ロシアは意外にも多文化を受け入れています。

旅の実際:参加者は10名(女性7名、男性3名)。夫婦での参加者は一組もなく、全員が一人参加者というのも珍しい。
75人乗りの飛行機に52人が乗っています。我々エヌ社の他に、エイチアイエス、クラブツーリズム、ワールド航空の旅行社がほぼ同じ行程で行動します。各社がそれぞれ行く順番をずらしているようです。それでも時々出くわす場面もしばしばです。

帰国後第一声 シベリアは暑い!昼間は30度を越えている。朝晩は15度程度となり、過ごしやすい。
ロシア人の笑顔にも多く出会える。「ロシア人は笑わない」なんていうには、今や、少しずれているのかもしれませんね。
レーニン像があったり、レーニン通り、マルクス通りなんて言うメインストリートもそのままの名前で残っていて、ソ連の名残も多く感じられます。ロシア正教でも古儀式派というユニークな宗派も存在していて、シベリア独特の文化を感じることができました。
(これから少しずつUPしていきます。ご期待ください)

シベリア鉄道 〜 ウラジオストクからモスクワまで9288キロ 〜
(下の地図はウラジオストクからの距離を示す)


今回の旅行では、ウラン・ウデからイルクーツクまで約8時間乗車します。
出発後2時間ほどすると、車窓右側にバイカル湖の勇姿が見えてきます。
イルクーツク到着の2時間ほど前まで見えています。